始めて人を育てる人に知っておいて欲しい!「教える極意」と怒鳴ることの意味

始めて人を育てる人に知っておいて欲しい!「教える極意」と怒鳴ることの意味組織向け
始めて人を育てる人に知っておいて欲しい!「教える極意」と怒鳴ることの意味

本編前に軽くサイト紹介をさせてください。
モチベやにようこそ!

当サイトでは

どうやったらモチベーションがあがるの?
こんな人がいてツライんだけど自分がわるいの?
なんかミスコミュニケーションが多いけどどうすれば?

といったお悩みに

心理学、NLP、コーチングとかから
理屈を立てています。
※個人の見解を含みます。

お悩みをカタチにはめることで
ラクになるお手伝いができればいいなぁ
と思っています。

お役に立てばうれしいです。

さてさて本編です

他人に「教える」ということはなかなか難しいものです。

最近はパワハラや鬼コーチはいなくなってるのではないかと思います。適度な緊張は必要ですが、行き過ぎればラポールも築けません。

問題にもなりますしね。

本投稿では初めて育成する人にむけて、教え方の上手な人に共通している点を記します。

また、「叱る」ことの心理学的な位置づけにも言及しますので、「厳しくする必要があるのか」などスタンスに悩む方の助けになると思います。

どちらかというとスポーツ面の色合いが強いですが、部下やこどもに教えるときも共通しますので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

教える極意

誰にでもわかるわかりやすい言葉で
最も大切なポイントを一つにしぼって
具体的に説明する

となります。

上手なコーチに共通している点を記していきます。

目的や狙いが何であるのかをはっきりさせる

どこにどう気を付ければいいのか、という注意点を説明する

大切なところを自ら身振り手振りを交えて示す

自分がやって見せる

相手がやる前に「こうしなさい」とひと声かける

相手がやっている途中で注意点を言う

やり終わったらすぐにフィードバックする

人間はいくつものことを同時に意識して実行するのは、苦手です。

「おれはマルチタスクでできる」という方もおられますが、その多くは無意識的有能に至っているからです。要は「考えなくてもできる」という状態です。

新人がそんなはずありませんから、教えることは1回に1つとしましょう。

すぐに褒めることの大切さ

行動の直後に嬉しいことがあると、その行動を繰り返します。

心理学では「オペラント条件づけ」と呼ばれます。

大切なのは「良いことをしたらすぐに報酬がある」ことです。

報酬は注目や関心、称賛を得られるといった「承認欲求を満たす」ものが良いです。

「少しでもよくなったら褒める」というスタンスで、「何が承認につながったのか」を伝えることも大切です。

「褒める」が成功しているかの判断

基本的には褒めれば行動が強化される・・のですが、そうならないこともあります。

「ダメだっていってるのに繰り返しやる。もうわけが分からない」というケースはご経験ありますか?

それは「ダメだと叱られる」ことが、対象のご褒美になってしまっています。

心理学では次のような分類があります。

反応が増えた反応が減った
何かを与えた正の強化正の罰
何かをなくした負の強化負の罰

例えば
正の強化:宿題を片付けたので、ご褒美にケーキをあげる。
負の強化:宿題を片付けたので、今日は掃除はしなくてよい。
正の罰:宿題を忘れたので、お風呂掃除させる。(もしくは叱る)
負の罰:宿題を忘れたので、おやつを抜く。

何がご褒美になり、何が罰になっているのかを見極める必要がある、ということです。

怒鳴ることは悪いこと?

怒鳴るのに慣れている人は「過去に怒鳴ることで相手がいうことを聞いた」「自分が怒鳴られた」というプログラムがあるのだと思います。

もしくは他の方法を知らないのかもしれません。

「信頼関係を作りやすい」とは言えません。

なぜ怒鳴るのか

例えばうるさい、と子どもを怒鳴れば静かになるでしょう。

怒鳴ると速攻性があります。

静かにならなければ、「静かにしなければ更にストレスが加わる」というプログラムを植え込むために、何等かの手にでるのでしょう。

「すぐにイヤな状態がなくなる」という報酬があるから、怒鳴ると考えられます。

怒鳴られるとどうなるか

「声を荒げて相手に言うことを聞かせる」とは、相手からすると「怒鳴られるのがイヤだから頑張る」ということです。

心理学的には「回避学習」ともいえます。回避は逃避の先にあります。

逃避は「ショックを与える→苦痛を経験する→逃げる」
回避は「ショックを与えられそう→逃げる」です。

「回避すること」が目的なので、回避が終われば効果が消えます。

学習性無力感

回避に至ればまだ良いのですが、長期的にストレスが与えられて、しかも「回避できない」となると「学習性無力感」に至る可能性があります。

学習性無力感は「学習性絶望感、獲得された無力感、学習性無気力感」とも呼ばれます。

「反応してもムダだ」という状態です。

自尊心も失われ、うつ病のモデルにもなっています。

こまかくは「なんで罰されるのか分からない刺激を与えられる環境によって」等の条件もありますし、「罰される→相手は正しい→自分は間違えている」という歪みが起こるなど他のケースもあるかと思います。

認知行動療法等での治療が必要な範囲です。

教える極意と怒鳴ることの意味まとめ

本稿では上手なコーチに共通している教え方のポイントを記し、反面相手を怒鳴るとはどういうことなのか、を記しました。

信頼関係を作り自らモチベーションをもって動いてもらうには、回避行動だけでは無理です。

テレワークが進めばなおさらです。

長期にわたって信頼関係を作り、本人の動機付けを行う必要があります。時代錯誤なミスをしないようにしましょう!

いかがでしたでしょう?お役に立てば何よりです。
ご覧いただきありがとうございました!

他のブログでも同様のテーマを扱っておられるかもしれません。

ブログランキング、応援して頂けるとうれしいです。

人気ブログランキング - にほんブログ村
にほんブログ村の人気ブログランキングは数多くの人気ブログが集まるブログランキングサイトです。(参加無料)
人気ブログランキング
モチべや | 何かやってみる おすすめ
楽しく生きるためのモチベーション。なにやろうかなと思ったときに見てください。
Google
世界中のあらゆる情報を検索するためのツールを提供しています。さまざまな検索機能を活用して、お探しの情報を見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました